合宿ゼミ旅行の宿 UNIV. CO-OP

まとめて足まわりもおまかせ!

ちょっと面倒な交通の手配も大学生協店舗で同時にOK。人数や行き先によって、JR・貸切バス・フェリーなど最適な行き方をご提案。
JRみどりの窓口まで行かなくても、大学生協店舗で学割・団体割引券の購入もできます。(JR端末が設置されていない生協窓口では、お渡しに日数がかかります。)また、レンタカーやフェリーならお得な大学生協特別料金での経済的な旅行ができます!


JR学生団体割引乗車券

JR学生団体割引利用ならこんなにお得


青春18きっぷ●通常のJR券は1ヶ月前より発売します。●乗車距離101kmの場合「学割証」の提出で運賃が2割引になります。


チケットお渡しまで 詳しくは大学生協旅行取扱いカウンターへ

↑ページの先頭へ戻る


こんな時こそ貸切バス

合宿やゼミ旅行、遠征など20名以上のまとまった人数が一度に移動するなら貸切バスがおすすめ。
大学(周辺)から出発できて、乗り換えなしで目的地へ。途中、観光地への立ち寄りもOK。マイクロバスから大型バス、カラオケやDVDデッキを装備、豪華なサロンカーなど目的・人数に合わせて選べます。まずは大学生協旅行取扱いカウンターにご相談ください。
貸切バス申込書(見積・予約)をご活用ください。

貸切バスの予約から出発まで

  • 計画をまとめる

    ①日程・出発時間・到着時間 ②目的地・ルート(目的地直行? 立ち寄りは?)③乗車予定人数(少し多めに) ④出発場所など ※特に①②はしっかり決めてください。(内容が変われば見積もり料金が変更になります。)

  • 生協店舗に相談・見積もり依頼

    計画がまとまったら、まずは大学生協旅行取扱いカウンターにご相談ください。内容をお聞きして2~7日程度で見積書をお渡しします。
    ご予算があわない場合はお申し出ください。再見積もりが可能な場合があります。

  • 生協店舗に申し込み

    見積書発行から、だいたい1週間以内にお申し込みください。
    (日が経つと見積金額が変わったりバスが取れなかったりすることがあります。)
    申込金(原則10%以上)をお支払いください。

  • 旅程・人数確定とお支払い

    出発の約2週間前までに旅程・乗車人数を確定し、残金をお支払いください。
    (生協でお支払いいただくのはバス代金のみ)
    必要に応じて乗務員宿泊代、高速道路料金、駐車場代など現地で支払うことがあります。幹事さんは早いうちから集金しておきましょう。
    ※万が一に備えて国内旅行総合保険への加入をおすすめします。
    ※旅程が変われば料金が変わる場合があります。

  • さあ、出発!

    当日は配車時間にバスが来ます。幹事さんは、当日は少し早めに来てドライバーさんと旅程(トイレ休憩場所など)の確認をしてください。メンバーがそろったら出発です。
    ※高速道路料金や駐車場料金などが必要な場合は、あらかじめ現金を用意しておいてください。 ※振動や熱などで破損する恐れのあるもの、お酒・化粧品等のガラス瓶、楽器、食品などはトランクに預けないようにしましょう。

早めのお申し込みを

夏合宿の場合は、5月中には申し込みをしておきましょう。
新緑や紅葉の観光シーズンの週末、修学旅行シーズン、高校野球の開催時期、お盆などは大変混みます。(4月・5月・8月・10月・11月など)

バスの種類

人数や荷物の量に合わせてバスを選びましょう。バスの種類によって有料道路料金が違います。

■ 大型バス 45~49名(補助席使用53~60名)

荷物室 : 大  高速道路車種区分 : 特大車

■ 中型バス 25~27名(補助席なし)

荷物室 : 中  高速道路車種区分 : 大型車

■ 小型バス 18~24名(補助席なし)

荷物室 : 小  高速道路車種区分 : 中型車

■ マイクロバス 18~21名(補助席使用24~28名)

荷物室 : なし 高速道路車種区分 : 中型車

■ トイレ付きバス(大型・中型バス)
■ サロンバス(大型・中型バス)

バスの料金

利用時期や走行距離(バスの発着地、ルート、回送など)、拘束時間(走行・滞在・回送・点検時間など)、運行時間帯(夜間・早朝)、ガソリン代、車種などによって大幅に料金は変動します。

■ 料金に含まれるもの

・バス代金
・バス乗務員(ドライバー)料
・ガソリン代
・保険(車両事故やパス車内での事故を対象とした自賠責保険)

■ 料金に含まれていないもの
●高速道路料金、有料道路通行料、有料駐車場料金

お客様が乗車されて運行する時の他、回送時(車庫→出発場所、帰着場所→車庫)に必要な有料道路通行料もお客様負担となります。原則、現地精算です。

●乗務員宿泊代

旅行プランによってはバス乗務員の宿泊が必要となる場合があります。この場合の宿泊代金はお客様負担となります。(走行距離によっては乗務員が2名になる場合もあります。) 早朝の出発・深夜の到着・長距離の利用などでは、片道利用・日帰り利用でもバス乗務員宿泊代が必要となる場合があります。精算方法は、生協でご確認ください。

●バスガイド代

バスガイドの手配をした場合には別途バスガイド料金がかかります。

●寸志=いわゆるチップ

チップの額、渡す・渡さないは任意(気持ち)です。目安として1日1人2.000円程度が相場です。当日、乗車前の旅程確認時に乗務員さんに渡してください。

↑ページの先頭へ戻る


飛行機は長距離の移動に速さが決め手!

ハイウェイバスは少人数での移動に安くておすすめ!

フェリーは、なんといっても安い

レンタカーはグループでワイワイ騒ぎながらもOK!

レンタカーガイド

↑ページの先頭へ戻る