合宿ゼミ旅行の宿 UNIV. CO-OP

qa

いつ頃までに申し込めばよいですか?

できるだけ早く申し込みましょう!!

人気の宿舎は早い時期から満室になります。合宿が集中する8月・9月は特に早めの予約が必要です。幹事・合宿担当になったらすぐに行動しましょう!!
5月中には予約を!!早くに申し込めば選択肢も多く、希望も叶いやすくなります。夏期以外では、春や秋の観光シーズンを中心に混雑します。予定日の2〜3ヶ月前までに申し込みましよう。

※幹事さんは何かと大変です。2〜3人で役割分担を決めて進めていく事をおすすめします。


予算はどれくらい?支払い方法は?

往復交通費+宿泊代+会議室などの施設使用料+コンパ代などを合わせて、1泊なら1万5千円〜2万円程度、観光もするなら3万円程度が目安です。ただし、目的地までの距離や現地で何をするかによって大幅に変動しますのでご注意ください。
お支払い方法は、往復交通費と宿泊代金の合計を大学生協でお支払いいただき、会議室などの使用料や入湯税・入浴料などは現地払い、というのが一般的です。(利用宿舎によって異なります。申し込み時にご確認ください。)

※幹事さんが、あらかじめ多めに予算を組んで、早いうちからきちんと集金し、余ったらキャッシュバックする、という方法がよくおこなわれています。


夜はコンパをしたい!

合宿に欠かせないのがコンパ(二次会)です。宿舎によって時間や持ち込みなどコンパ条件はバラバラです。
一部の宿舎は「オールナイト可」ですが、夜遅くまで騒いで宿舎や他の宿泊者、近隣住民とトラブルになったり、二日酔いや体調不良になってしまっては、せっかくの合宿が台無しです。無理のない飲み方をしましょう。

STOPイッキ飲み!
STOPイッキ飲ませ!

※未成年の飲酒は厳禁です。お酒は20歳なってから!!


体育館(グラウンド)を使いたいのですが、手配できますか?

ほとんどの場合、宿舎近隣の公共施設を手配することになります。宿泊の予約と合わせて公共施設の手配もしていただける宿舎も多いので、ご相談ください。ただし、公共施設は受付開始時期が半年前や3ヶ月前など決められていて、希望者多数の場合は抽選になることがあります。
また一度予約すると、宿泊施設とは別の取消規程があり、キャンセルしても返金されない場合があります。

合宿先で観光&体験や遊びもしたい。

周辺観光も宿泊と合わせて手配可能です。

宿舎によっては観光地や体験プログラムの情報を掲載していますのでぜひご相談ください。
団体の場合は事前予約が必要な場合があります。
花火をしたい場合は事前確認が必要です。宿舎や宿泊日によっては、花火ができない場合もあります。

※一部、手配できない観光地、体験プログラムもあります。
※観光地の見学や体験プログラムは時間にゆとりを持って計画しましょう!
※雨天時の計画も立てておきましょう。


どうやって申し込めばよいですか?申し込むときに何を決めておけばよいですか?

キャンパス内にある大学生協の旅行取扱いカウンターにお申し込みください。

幹事・合宿担当になったらまずは大学生協にご相談ください。おおよその人数と日程、予算、行き先、何がしたいのかなど決めておくと相談しやすいです。とにかく早めの行動を!!相談の結果、正式にお申し込みの際には、申込金を大学生協にお支払いいただき予約成立です。

↑ページの先頭へ戻る