内定者体験談

あいめいさん 女性

  • 中村学園大学
  • 栄養科学部 栄養科学科(理系) 2016年卒
  • 栄養英語ゼミナール
Like
0
入社名
株式会社ファンケル
業種
化学
入社を決めた理由
予防医療に携わりたかったからです。私は元々栄養と美容に興味がありました。ファンケルは内外美容を35年前から先駆けて行っている点に魅力を感じました。また社会問題に着目し、時代のニーズに合った事業展開をしているところに将来性を感じています。私自身、病院実習や保健所実習で医療費の増加に歯止めをかけなければいけないと痛感しています。個人の不と社会の不を解消できるのはファンケルだと感じ入社を決めました。
内定社数
1社

就活スケジュール

資料請求・
プレエントリー
3年10月~3年3月まで(50社)
エントリー
3年10月~3年3月まで(20社)
OB・OG訪問
3年10月~3年3月まで(5人)
会社説明会参加
3年10月~4年5月まで(10社)
筆記試験
3年2月~4年5月まで(4社)
面接試験
3年2月~4年6月まで(3社)
内定(内々定)
4年6月~4年6月まで(1社)

面接でよく聞かれた質問は何ですか?

志望理由、学生時代頑張った事、自己PR、短所、長所、実際に店舗に行った事があるか、店舗を利用した際の感想、商品を使っているか、将来ビジョン、集団においてのポジション(リーダーorサポート)、リーダーをしている時のエピソード(困難だったこと)
→志望理由はもちろん、企業研究(競合との比較)や将来ビジョンを明確に行うことをオススメします。

面接で答えに困った質問はありますか?また、それに何と答えましたか?

営業は合わないとキッパリと言われました。はっきりと言われてしまい驚きましたが、何故営業を志望しているのかを過去の経験を入れながら説明しました。漠然と営業をしたいと思っているのではない事をしっかりと伝えました。

就活に役に立った資格・留学・インターンシップボランティアなどの経験は何ですか?

夏期の長期インターンシップ(10日間)に参加したことです。学部内では似たような目標に向かってる人が多く、自分の考えが当たり前になりがちです。インターンシップに参加することで、全国各地から選ばれた意識の高い人達と日々意見を交わすことで、視野が広くなりました。専門分野を学んでいますが、参加後は専門分野に捉われない考えを持つ事ができるようになりました。また幹部の方の前でプレゼン大会を行う事で、社会人と話すことに慣れました。おかげで本選考で場の雰囲気に負ける事はありませんでした。

今だから話せる大失敗があれば教えてください。

第一志望の最終面接で、面接官に第一志望だという事が伝わっていなかった事です。第一志望ってことを言い過ぎるのは良くないのかなと感じサラッとしか言っていませんでした。内定を頂けたので良かったものの、後日最終面接の面接官から、あなたは夏期のインターンシップに参加した企業に行くと思ったといわれました。面接官は面接の時に初めて私の事を知るので、十分伝えてると思っている事が伝わっていない時もあります。伝えたい事や大切な事はしっかり強調しなければいけないと感じました。

就活で一番大変だったことは何ですか?

地方に住んでいるので、スケジュール管理と金銭面が大変でした。私は夏に10日間東京のホテルを借りてインターンシップに参加しました。春にも1週間神奈川に泊まり込みでインターンシップに参加しました。説明会や選考の度に交通費がかかります。30万以上必要でした。お金がなくてインターンシップや説明会に行けない人も周りにはたくさんいたので早めのうちにある程度貯金しておく事をオススメします。

今思えばこうしておけば良かったと思うことはどんなことですか?

SPIの勉強を3年の12月までに一通り終わらせていたことです。私は3年生の2月に病院実習に2週間とインターンシップに1週間行ったのでほとんどSPIの勉強はできませんでした。そんな状況の中、インターンシップに参加した人限定で食品メーカーのテストセンターが2月に行われました。早めのうちから参考書を完璧にしていた為、焦る事なくテストを受け、通過する事が出来たので良かったです。

後輩へ一言アドバイスできるとしたら何をアドバイスをしますか?

就職活動は早い時期から始め、多くの社会人に会い、多くの会社の中に出入りする事が納得のいく就職活動と企業選びになると思います。自らたくさん動いた人勝ちです。将来の自分を思い描いて、夢のスタート地点に立つために楽しみながら頑張って下さい‼︎

この内定者体験談が参考になった方はボタンを押して下さい。

Like
0
体験談投稿
内定者体験談の投稿は
こちらから!