内定者体験談

N・Kさん 男性

  • 東海大学
  • 理学部 情報数理学科(理系) 2007年卒
  • Triangle/土屋守正教授ゼミ
Like
241
業種
ソフトウェア・情報処理
入社を決めた理由
私がこの会社に決めたのは、他社ではできない放送に関連する業務に興味を持ったからです。システムが実際にテレビで運用された時の喜びや、やりがい、そして、これから本格的に始まる地上波デジタル放送で、テレビの情報量増大による仕事の将来性にも惹かれました。また会社のモットーの「楽しくなければ仕事じゃない」という言葉にも惹かれました。放送関連の業務だけでなく民間企業、官公庁向け等幅広い業務があるのでSEとして様々な経験を積むことができ、私自身が常に成長しながら働けると思い、志望しました。
その他の内定先


就活スケジュール

資料請求・
プレエントリー
3年11月~4年4月まで(50社)
エントリー
3年11月~4年4月まで(100社)
会社説明会参加
3年1月~4年4月まで(30社)
筆記試験
3年2月~4年4月まで(30社)
面接試験
3年2月~4年4月まで(20社)
内定(内々定)
3年3月~4年4月まで(4社)

面接でよく聞かれた質問は何ですか?

「志望動機」、「自己アピール」は絶対に言われました。ほかには「自分の長所と短所」「短所の対策」「ストレス発散法」「学生時代に力を入れたこと」「などなどです。

面接で答えに困った質問はありますか?また、それに何と答えましたか?

「あなたにとっての大事な人は?」や「アーカイブって、何?」や「あなたのストレス発散方法は?」

就活に役に立った資格・留学・インターンシップボランティアなどの経験は何ですか?

やはり、就活中でも友達との息抜きは良かったです。就活での情報交換ができ、お互い、いろいろと相談に乗れる時間でもあり、就活中でも、きちんとオンとオフはしっかりすることが大事だと思いました。役に立った資格や留学などは、私にとってそういう経験はないので、特にありません。強いて言うなら、大学のサークルでの役職についての経験や、それから学んだ知識や事柄です。

今だから話せる大失敗があれば教えてください。

1日に面接が朝と昼に2つ重なっていて、会社側のミスで最初の面接が2時間以上延びてしまい、次の面接に約1時間遅刻してしまいました。面接を受けさせて頂きましたが、もちろん不合格でした。それからは、どんな場合でも、時間に余裕を持って臨むことにしました。

就活で一番大変だったことは何ですか?

エントリーシートの記入が大変でした。ある程度まで書けますが、行き詰まると、大変です。後、エントリーシートで、字を間違えた時に、修正液等を使って良いのか迷いました。

今思えばこうしておけば良かったと思うことはどんなことですか?

2つあります。1つ目は、SPIの勉強です。普通のSPIの勉強はしていたので、ほとんどの会社で試験を通っていましたが、SEに向いているかどうかを測るテストがあり、特殊な問題で、難しくてあんまり解くことができず、後悔しています。2つ目は、英語です。大学入学する当初から英語の勉強をしておけばと後悔しています。もし私が英語を話せたら、良い成績等を残していたら、就職でも様々な業界へと幅が広がり、たくさんの選択肢ができた思いました。だから、今から遅いかもしれませんが、大学で英語の授業をとり、勉強しています。

後輩へ一言アドバイスできるとしたら何をアドバイスをしますか?

就活は自分が納得するまでやってほしいです。そして、早い時期から就活に取り組んでほしいです。早い時期からやっておけば、いろいろな準備や作戦を練ることができ、様々な業界を見るチャンスが広がると思います。就職した企業には、大学を卒業し、その後40年間お世話になるかもしれません。だから、納得するまで選んでほしいです。また、新卒採用は、みんなにとって1回限りのチャンスです。だから、新卒採用の立場でしかできないことはたくさんあります。だからこのチャンスを無駄にはしないでください。みなさんにとっての就活がうまくいくように願ってます。頑張って下さい。後、頑張り過ぎて、体調は崩さず、息抜きも大事ですよ。

この内定者体験談が参考になった方はボタンを押して下さい。

Like
241
体験談投稿
内定者体験談の投稿は
こちらから!