OBOGメッセージ

S.S.さん 女性

  • 北里大学 大学院
  • 医療系研究科(理系)
入社名
業種
所属部署・役職
認証技術部
入社年
2008年入社

現在の仕事内容

私は主にガス機器等の検査を行うための基準や試験方法が記載された「検査規程」や「日本工業規格(JIS)」の原案作成に携わっています。検査規程や日本工業規格の原案作成では、ガス機器等の製造事業者やガス事業者等の業界関係者をはじめ、関係省庁の方々と各種委員会及び会議を通じて、それぞれの意見・要望等を調整しながら、ガス機器等の安全性に関する基準及び試験方法について検討を行っています。関係者の方々とより良いコミュニケーションを取ることが重要であると感じています。

この会社を選んだ理由

私は医療系の大学出身ではありますが、大学では環境衛生学や食品衛生学などの授業を受けており、JIAのISOや環境事業などの業務に興味を持ったことがきっかけで、JIAを知りました。ISOや環境関連の業務だけでなくガス機器等の検査も含めた全般的な業務について、JIAでは公正・中立な第三者認証機関という立場から人々の安全な生活に貢献しているというところに魅力を感じて志望しました。

仕事の魅力・やりがい

関係者の方々との意見調整を図りながらの委員会運営は、意見をまとめていくという点で時に大変なこともありますが、様々な立場の考え方を知ることができ、とても勉強になります。また、検査規程や日本工業規格として自分の業務が形に残るため、やりがいがあると思います。もちろん形に残るが故のプレッシャーはありますが、緊張感をもって業務に従事することで安全な製品の普及に繋がると思っています。

将来の目標・夢

私は、東京検査所で4年間検査員としてガス栓やカセットこんろ等の製品検査に携わった経験があり、現在の検査規程や日本工業規格の原案作成においても当時を思い出しながら業務にあたっています。場合によっては検査したことのない品目の検査規程の改訂に携わることもありますが、検査員としての基本的な視点は他の品目であっても関連するところがありますし、検査所の方々やその製品の検査に携わったことがある同僚からも学びながら、日々業務に従事しています。今後も色々な品目の知識を深めていきたいと思っています。また、今年度からISO規格について検討している委員会や会議に参加しており、海外出張などを通して、海外の検査機関の方々とも打合せを行う機会がありました。そのため、海外規格についても学び、国際的な動きの中での日本の基準や規格がどうあるべきかということも意識しながら業務に取り組むことが目標です。

学生のみなさんへ

⑤ 学生へ向けてメッセージ(必須)
どの会社に就職しても自分の希望する業務を担当できたり、できなかったり、担当してみたら思っていたのと違っていたり、予想以上のことが起こってみたり・・・と様々なことに直面すると思います。そのため、就職活動においても業界や分野を限定して会社を探さず、興味のある仕事を幅広く探してみるのも良いのではないかと思います。全然知らなかったことでもチャレンジして、日々業務に取り組めばそのうち詳しくなりますし、面白いと感じることもあります。自分で自分に制限を設けず、就職活動を頑張ってください。