OBOGメッセージ

木下 祐介さん 男性

  • -
  • -(その他)
入社名
業種
所属部署・役職
プロダクト企画本部 プロダクト企画1部
入社年
2000年入社

現在の仕事内容

携帯電話端末の企画、グローバル企業との共同開発に従事しています。
最近では、台湾のグローバルメーカー「HTC」と、「HTC J butterfly」を共同開発しました。

この会社を選んだ理由

KDD(当時)への入社を決めたのは、魅力的な先輩社員が多かったことと、グローバル志向があったためですが、入社の半年ほど前のDDI/IDOとの合併を伝える新聞記事も大きなきっかけでした。
もともと大の車好きで「通信なら移動体通信」と考えていたからです。

仕事の魅力・やりがい

関わる人たちのやる気のスイッチを入れること。
「HTC J」のマーケティングでは、日本の「カワイイ」に影響を受けた実機ができあがった頃から、関係者たちのスイッチが入りだし、目の色が変わり始めました。
デザイン・カラーバリエーションの決定、プロモーション、販売キャンペーンなど検討・チャレンジは多岐に渡ったが、マーケティング担当者ら関係者が製品に共感し、張り切ってプロジェクトを進めたことで、情緒的なキャッチコピーが生まれ、乃木坂46によるプロモーションもスタート。
それによりマーケティングの4P(製品/価格/流通/販売促進)が有機的に機能し始めました。
スイッチの場所は探しても決して分かりません。でも、あれこれ話していると突然ポンとスイッチが入るんです。入ったのを感じた瞬間、すごく嬉しくなりますね。

将来の目標・夢

これまでは入社時のキーワード、「グローバル」と「移動体」を目指して、仕事に邁進してきましたが、二つに到達した今、次のゴールを探しているところです。ただし、自分のしたかったこの二つの幹をより太くすることと、ドメスティックな通信事業をもう少しグローバルにできないかということは、今後も考えていきたいです。

学生のみなさんへ

就職活動が本格化する前に、友人とよく話をして、また良く考え抜いてご自身のコア・コンピテンシーを見つけるようにしてください。その能力をどのように発揮できるか、採用担当者にご自身の「物語」を語れるよう、頑張ってください。