OBOGメッセージ

高田 和典さん 男性

  • -
  • -(その他)
入社名
業種
所属部署・役職
ソリューション推進本部 クラウドソリューション部
入社年
2003年入社

現在の仕事内容

私は営業担当者と共に、通信モジュールを利用するお客さまのところに直接出向き、仕様を説明し、お客さまの要望を受け、問題の解決を考える技術担当のフロントSEをしています。
さまざまな用途に使われるM2M製品にとって「脳」のように欠かせないのが通信モジュールですが、これはあくまでも「黒衣役」です。
通信モジュールはただの部品、通信の手段でしかありませんので、機器にどういう機能を載せるかはお客さま次第、主役はお客さまの製品です。
さらに、モジュールを組み込めば通信できるというわけではなく、通信にはお客さま自身のデータセンターも必要です。そういった設備につなぐ通信網を構築し、M2Mの実現に必要なサポートをするのがKDDIの役目です。

この会社を選んだ理由

私は、学生時代に、通信会社でIPネットワーク技術に携わりたいと考え、大学を卒業した2003年に、主に法人向けに通信サービスを提供していたパワードコム(当時)に入社しました。
しかし、2006年1月に、パワードコムがKDDIと合併することになり、2007年4月の出向から帰任したタイミングでKDDI社員となりました。
当初、合併は想定しておりませんでしたが、KDDIになってからは、会社の知名度の価値を感じることがよくあります。それがあるから話を聞いてもらえることも少なからずあるからです。その分、気負う部分も大きくなりますが、合併のおかげで自分のフィールドに広がりができ、さらにやりがいを感じています。

仕事の魅力・やりがい

学生時代はIPネットワーク関連を学んでいたため、フロントSEになることは想定していませんでしたが、実際にやってみると、非常に楽しいです。『こういうことも好きだったんだな』と新たな自分に気づかされました。
また、M2M関連業務は、モジュールの組み込みも、ネットワークやサーバーの構築もあり、実に幅広いものです。すべてに対応するのは大変ですが、その分、とてもたくさんの経験ができ、勉強になります。しかもどれも面白い内容です。結果的には、自分がしたかったことに近づけたと思っています。

将来の目標・夢

現状は、通信モジュールだけでなく、そのネットワークやサーバー周りのソリューションなど、必要な技術全般を日本国内のお客さまに提供しています。今後は海外でもそういった業務をしていきたいと思っています。ただ、今はまず、より視野を広げるために行動範囲を広げ、もう少しM2Mのソリューションに取り組んでいきたいです。

学生のみなさんへ

-