読売新聞 ワーキングプログラム

読売新聞社でメディアの魅力を探るワーキングプログラムを開催します。
当日は本社見学のほか、読売新聞記者らの指導のもと、取材・撮影・原稿作成を行います。
マスコミの業界研究としてはもちろん、実体験型のワーキングと講義で社会人基礎力やコミュニケーションスキルを高め、ご自身のキャリア形成にお役立てください。

 

※5/31(木)発売開始。先着40名。お申込みはお早めに!

  • LINEで送る

実施概要

●日時

 2018年8月1日(水)
 受付9:30~ 開始10:00 終了17:00予定

 

●場所

 読売新聞東京本社
 東京都千代田区大手町1-7-1
 (東京メトロ千代田線、丸の内線、東西線、半蔵門線、都営地下鉄三田線「大手町駅」C3出口直結)

 

 


プログラム

 

●見るプログラム (90分) 
→本社見学(普段見られない現場も…)
<VTR,編集局見学、展示コーナー>

→新聞組版見学
専門の記者がパソコン画面で新聞紙面を組み上げていく様子を見学します。


●体験するプログラム1(150分)
→読売新聞社員にインタビューし記事を作成 
・写真撮影実習  
・記者の指導のもと、質問を考える→取材する→原稿を書く
取材した内容は読売新聞社発行の「就活ON!スペシャル」(大学キャンパス配布版)に掲載予定です。

 


前回開催時の紙面です


●体験するプログラム2(60分)
→社員食堂で記者と懇談しながらの昼食


●聞くプログラム(60分)
→社員による講義 

 

※プログラムは予告なく変更になる場合がございます。


お申込みについて

●参加費

 7,900円(税込・昼食代込)

 

●対象
 関東甲信越地区の大学生協組合員
 ※この企画は主に大学生を対象としたプログラムになっております。付属高校生や教職員の組合員はご参加いただけません。

 

●定員
 40名(先着順)

・お申し込みは先着順、定員になり次第受付終了しますので早めにお申し込みください。
・最終締切は7日前までとなります。但し定員になり次第受付終了します。


●最少催行人数
 20名

 ※最少催行人員に達しない場合は、2週間前に中止いたします。

 

●お申込み方法

 お申込みは各生協店舗窓口、またはトラベルサポートセンターにて承ります。

 

【大学生協トラベルサポートセンター】
新宿区市谷田町3-24-1
営業時間:月~金10時~17時30分
土曜日:7~8月、12~2月のみ月~金と同じ営業
日・祝日は閉店させていただきます。


★通学されている学校・学園に生協店舗がない方は、東京インターカレッジコープにご加入の上、お申し込みください。
東京インターカレッジコープのウェブサイトはこちら


注意事項

●旅行条件をご一読いただき、同意の上お申込みください。

旅行条件はこちら

 

●プログラム途中での無断退出はご遠慮ください。
●飲み物はペットボトル飲料に限り持ち込めます。
●喫煙は1階喫煙室で可能ですが、プログラム参加中の利用はできません。

●参加者による写真撮影、録画、録音、SNS発信は一切禁止いたします。
●車イス・松葉杖等ご使用の方は、事前にお申し出ください(体験プログラムでの役割に制約が出る場合もあります)。

●当日の活動について、ご自身の画像・映像が読売新聞社および大学生協の紙面、宣伝物、ウェブサイト等に掲載される場合があります。予めご了承ください。


この他の注意事項については「参加者への案内文書」をご覧ください

アクセス

●読売新聞東京本社
 東京都千代田区大手町1-7-1
 (東京メトロ千代田線、丸の内線、東西線、半蔵門線、都営地下鉄三田線「大手町駅」C3出口直結)

 

●集合場所
 本社ビル1階の専用受付までお越しください。

 

●服装
 服装は普段着でかまいません。ジーンズやTシャツ、サンダルなどの軽装や華美な服装はお避けください。


●持参するもの
 大学生協で発行する予約確認証、筆記用具をご持参ください。

 

 

 

お問い合わせ先

大学生協ウィズナビ事務局

こちらのフォームよりお問い合わせください。
@withnavi.orgからのメールを受信できるよう設定をお願いします。