OBOGメッセージ

相崎 哲史さん 男性

  • 早稲田大学
  • 文学部(文系)
入社名
業種
所属部署・役職
リレーション部(営業部) マネージャー
入社年
2004年入社

現在の仕事内容

現在私の事業部で行っている事業は、バリューチェーンという、異なる利害関係を持つ複数のお客様同士にWin-Winの関係を作り出す仕組みを築き上げていくことで成立しています。
外食産業は外食店舗の運営会社だけでなく、食品、飲料、設備機器・・・など様々な会社が密接に結びついて成り立っており、そこに単なるモノとカネだけの取引ではなく、価値ある情報を互いに流通させることができれば、互いにより成長していくことができ、ひいては業界全体の発展につながる。
そしてサービスを利用するお客様にもより多くの価値をもたらしていくことができます。
そのようなWin-Winの関係をより多く作り出していく役割を果たそうと、私達は努力しています。

この会社を選んだ理由

ある講演会で講師をしていた経営コンサルタントに強烈な憧れを抱いたのをきっかけに、経営コンサルティング業界一本に絞って就職活動をしていました。もともと私は、将来とにかく「一流になりたい」という思いを強く持っていたのですが、その具体的な人物像として経営コンサルタントという存在がぴったり重なり合ったのです。

数多くの会社を受けましたが、その中で今の会社の説明会には驚いたのを覚えています。普通は自社の説明から始まるのに、その説明会では学生に対する就職活動のアドバイスから始まったのです。また説明の中であった「企業家を養成し輩出する」という人材育成の考え方に共感しました。経営コンサルティングを通じ、自ら経営できる「企業家」になる・・・。自分が目指すべき「一流」の姿を、そこで一段階昇華させることができたような気がしました。

仕事の魅力・やりがい

正直、仕事はとてもハードです。その分、高い業績を上げれば高い年俸をもらえます。
しかし自分はお金儲けのためにハードな仕事をしているのか?それは違う。
では何のため?一流の企業家になるため?しかしそもそも一流の企業家になるのは何のため?・・・などと考えてしまうことがあります。
その時に、周囲やお客様、社会など、「○○の為に役に立ちたい、貢献したい」と強くこだわれる目的を明確に意識できていた方が、断然モチベーションが上がるということが分かりました。

もし自分のためだけを考えているのであれば、辞めてしまっていたかもしれません。しかしこうやって何かの役に立つというものがあるからこそ、頑張っていけるのだと思います。

将来の目標・夢

「日本の産業を救える経営者」になりたい、と思っています。欧米と比較すると日本はまだ産業構造のシフトが遅く、現在のトップ10企業は、20年前とあまり変わらず、未だに製造業が名を連ねています。
しかし今後はサービス産業の比重が今後高まっていくはずであり、その時に必要なのは「従業員感動満足」⇒「顧客感動満足」⇒「業績向上」というサービスプロフィットチェーンの仕組みであり、今、私達が取り組んでいるコンサルティングはまさにこの部分に焦点を当てた取組みです。
従業員が日々いかに活き活きと、やりがいを持って仕事ができる環境をつくるか、そしていかにお客様に感動・満足してもらえるようなサービス提供ができるか。そのための仕組みづくりを多くの企業でご支援させて頂き、外食産業全体の発展を目指しています。
そのために自分ができることは何か?それを絶えず考えながら、将来の夢を膨らませているところです。

学生のみなさんへ

かつて、強烈に上司に叱られたことがあります。

「自分勝手に判断するな!自分の外にある正しさに目を向けろ!」

クライアントの成果を創出するために一人の力は微々たるものでしかありません。自分の中での正しさにこだわらず、自分よりも正しいことを知っている他の人にもっと働きかけ、より大きな成果を創出するために「より正しいこと」を探し出す力を高めなければならないということを教わりました。

本気で自分の成長を考えて叱ってくれた上司への恩返しとして、今度は自分が、部下や後輩、これから入社して来られる新しい同志の成長をサポートできればと思っています。